ダライラマを疑え
真の”チベットの自由”のためのチベット論
アイコン素材:三丁目だったころさん(素材ありがとうございます)
スポンサーサイト
【--/--/--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



チベットが第二のイスラエルになる可能性
【2009/01/11】 総記
   ダライラマ       チベットの歴史       総記   
 チベット独立論が隆盛している当初から、私は述べていますが、

チベット自治区の中国人を考慮に入れずに、独立運動がおこり、チベット人国家が樹立されれば、チベットがイスラエルになってしまう。

というのは決して、絵空事ではありません。
 
今回は、イスラエル問題の根底と同じような問題を侵しかねないチベット独立論を批判します。

[続きを読む]

スポンサーサイト

「ダライラマ事務所の欺瞞」のイントロダクション
【2008/10/18】 総記
   総記   
 カテゴリー「ダライラマ事務所の欺瞞」は不定期ながら、ダライラマ法王日本代表事務所(略して「ダライラマ事務所」)の内容について可能な限り、検証するカテゴリーです。
 引用などについては随時、引用先URLをご案内しますが、ソースの信用性に関しては、ソースのソースまで確認したものであり、少なくともソース的信用性については、
「二次ソースの確認作業まで行われています」
内容の真贋に関しては100%は責任終えませんが、一般社会に流布している動画、画像のように虚飾・捏造の可能性が強く想定されるものは排斥しております。
 


当ブログの趣旨
【2008/10/18】 総記
   総記   
 ブログのタイトル・ブログの説明文のある通り、「ダライラマを疑え」がテーマです。

 部屋の管理人たる私(ヤン・フス)は、
”「ダライラマという人間」を疑う”のではなく
世間に存在する”ダライラマ像”に対して真っ向から相克します。

 これから記事で問題提起してゆきますが、決して圧力を受けたり、利害関係からこのようなブログを作ったものではなく、チベットに関する歴史的無知を是正する必要性から立ち上げました。
 
 私は、歴史家として「歴史を教える」ことを生業としています。
 歴史の一面的だけでチベットが論じられていることを明らかにし、中立的立場と情動や扇情的な報道に歪まないブログであろうと思っています。
 従いまして、一面的事実を強烈に伝えるような刺激の強い画像・動画などは一切使用せず、見解に対する反論の余地が少ない、もしくは、反論に対して私自身が反論できうる事実を提示した上で記事を作成することにします。 

 このサイトの影響で、チベットに関する知識が深まると同時に、妥当性あるチベットの問題認識を導ければ幸いです。






サイドメニュー ×
メニューA $nbsp;  メニューB

最新記事 ×

プロフィール ×

ヤン・フス

Author:ヤン・フス
画像は目標の人である「ヤン・フス」当人

歪められたチベットの実像を取り戻し
チベット仏教の宗教改革を求める変人


サブカルチャーな言葉 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

カレンダー ×
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

日本国憲法 ×

日本国憲法

present by 冥王星

世界人権宣言 ×

世界人権宣言

present by 冥王星



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。