ダライラマを疑え
真の”チベットの自由”のためのチベット論
アイコン素材:三丁目だったころさん(素材ありがとうございます)
スポンサーサイト
【--/--/--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



チベットのお話①チベットって何さ
【2008/12/16】 アイコントーク
(無言)
みすずタソだ・・・・萌え
二回目にしてすでにネタに走ったわね・・・
すいません。お約束というか、やっぱり出さないとダメなんですよ
よ~~く分かったわ。
冥王星にとっては、私はネタなのね?
「当たってます」とは、とても言えませんけど、ご愛嬌で
とりあえず、そろそろ本題行かない?一応、政治ブログでしょ。これ
まぁ、でも、この記事は私めの「紅美鈴命」の気持ちの表現の空間、でもありますけど・・・・
私に好意を抱いているのは分かってるけど、私はピザは却下
しょぼ~~ん
さっきも言ったけど、前回も「チベット問題」やってないんだから、今回こそ課題をやりましょう
分かりました。やる気なんですね・・ご主人様
体裁を考えなさい。私の・・・・
始めましょ・・・さっさと
いけず・・・・
もしかして、照れてる?
違う!!
分かりました。
いい加減、始めます
テーマ1:「チベット」とは何か?前編
そもそも「チベット」って、何処のことなの?
いい質問だと思います。とりあえず、地図で解説します。
下の地図の赤い区域が、中国政府が規定しているチベット自治区です。 <br>チベット自治区に隣接している「青海省」「新彊ウイグル自治区」も確認してください。
ついでに密かに、台湾島に「台湾省」って書いてあるのも
中国地図②
中国には自治区が他にあり、
寧夏回教自治区・広西チワン族自治区・内蒙古自治区
と他の自治区でも同じような問題があります。概ね自治区は、中国国境線に関わっていて程度差あれども、中国政府と冷戦状態が多いとも言えます。
へぇ、この領域なのねぇ
はい。一応、正式に規定されているのが 、この赤い枠内で「チベット自治区」という行政区分地になります。
似たような区域で、「チベット高原」と言われる地域があるんですが、これも地図にしますが
中国地図③
チベット高原は不毛の地と言っても差し支えありません。農耕に関しては絶望的ですし、牧畜に関しても山羊に限定されるようですし、チベットが細々と生計を保ってる背景には、相当の飢餓があると思われます。毛皮として山羊の品質が高いわけでもありません。
アンデス山脈のように農耕ができる場所は、チベット高原のラサ近郊のほんの一部だけです。イメージとしては、霧深い山脈が連なる景色が妥当です。
一応、チベット高原の写真のリンク先を貼り付けておきます。
チベット高原の風景
 「チベット高原」と「チベット自治区」というのはほぼ同じじゃないの? 
はい。ほぼ同一ですが、チベット自治区に隣接してる”青海省”、”新彊ウイグル自治区”にも一般的に「チベット高原」と言われる場所があります。
ふ~~ん
で、問題なのが、この隣接している地区にも、かなりのチベット人が存在しています
現状、ダライラマが求めている「チベット」の範囲は、このチベット自治区の留まっている
わけですが、
”チベット自治区以外の区域に住まうチベット人”はどうするべきか?
という問題が残ります。
つまり、ダライの言う自治地域ではチベット人の一部しか救済できない、と
早い話がそうです。
ついでに言えば、”「チベット人」 とは何か?”という問題を孕むんですが、ここでは割愛しますが・・・
明確な「チベット」というものは画定してない、と思ってくれた方が妥当です。
でも、一部でもチベット人が救われるなら、いいんじゃないの?
そういう考え方もありますが、青海省、新彊ウイグル地区などのチベット地区に生活圏がある非チベット人が、チベットに組み込まれるのは、不具合がおきますね
仕方ないんじゃないの?
仕方ない、で済ませることができるのは、他人事だからですよ。
実際、ダライの言う「チベット」に存在する非チベット人(チベットに編入されることに不具合が発生する人) の権利をダライは保障する意向もないですからね。
彼らからすれば、大きな問題です。 考えてみてくださいよ
突然、自分が住んでる場所が、違う国家になったら、色々困るでしょ?巻き込まれる人もいるわけです。
仕方ないんじゃないの?多数の被害者のチベット人を救うために、少数の人間の被害は仕方ないでしょ
量的な功利主義的な考えですね。そういうのがリアルな政治で意味あることもありますが・・・・・
まぁ、ここでは、”「チベット」というものが何か?”というのが不明瞭であることを理解してください。そこがポイントなので
まぁ、チベット自治区が中国政府の言うチベットであるにしても、現実的には、チベット人は、そこ以外でも生活してる、と理解するわ
ご理解頂いて助かります。ご主人様
そんで、「チベット」って何?
剛速球ですねぇ・・・回答に窮することを前言しているんですが・・・・(滝汗)
そこを分かりやすく要約するのが、冥王星の仕事じゃないの?

実は「チベット」という言葉が生まれたのは最近です。
しかも、この「チベット」地域は中国以外では歴史上ではほとんど記述されることもなく、幻の地みたいな扱いもあるのが現実です。
「ムー大陸」的にいえば、チベットは聖域で”黄金郷”、”東方のキリスト教の繁栄地”とか、とんでもない認知が歴史的に長いのが実情です。

ふう~~ん。でいつごろ、「チベット」という言葉が生まれたの?
ぶっちゃけ、不明です。
チベットという地域は、おそらく「チベット人」の住まう場所であることから、「チベット」というようになったと推測します。
安易なネーミングね。
まぁ、地域名称とか総じてそんなものですけどね。ハンガリー、フィンランドとかそうなんですよ。
「モンゴル」という言葉なんか不思議で、モンゴル高原の一部族だったモンゴル族が13世紀に台頭してきて地域を代表する民族として使われるようになったわけで、モンゴル族台頭する以前は、モンゴルという地域も、モンゴル高原という呼称さえないんですよ。
それ以前には、モンゴル族より優勢だったタタール族(韃靼人)から、タタールとも言った時代もありましたしね。
モンゴルやフン族のような事例とチベットは同じなのかな?と自分も調べたことああるんですが、「チベット族」という部族は存在してないんです。
一般的には、チベット人はモンゴロイドで、モンゴル族と同じように遊牧民なんですけどね。チベットという名称の由来そのものは部族名称ではなさそうです。
そうなんだ・・・・
・・・・・・「そ~なのか?」とか出てきませんよねぇ・・・(嘲笑)
そ~なのかぁ・・
・・・・・・・・・・・・・
ル~ミアさん、ちわ・・・
そ~なのかぁ・・
言葉通じないんだから・・・・
とりあえず、ルーミアさん。あっちに「食べていい人類」いるので、あちらへ
(チルノタソを指して)
そ~なのかぁ・・
(ルーミア退場)
チルノ大丈夫かしら?
大丈夫ですよ。⑨ですから
そうね・・⑨だからね
で、割愛しちゃったけど、「チベット人って何?」
また難しい問題を・・・・・
とりあえず回答してみなさいよ
突っ込み場所、満載な回答でいいならしますが・・・
早い話が、チベット高原周辺に住まう部族の総称ですね。
日本みたいな単一民族に近い国家にいると想起できないかもしれませんが、 対立する部族同士であろうと総じて「チベット人」と言ってるわけで、彼らは抵抗する可能性は高いでしょうね。
喧嘩してる関西人と関東人が同じ日本人であることは理解できますけど、フランス人とドイツ人を総じて「ヨーロッパ人」と言ってるようなもんですからね。
どういうこと?
次回にでも話すつもりですが、チベットの歴史というのは、一部の例外の除けば

・部族間対立の歴史
・中国王朝に編入された歴史


の二つしかないんですよ。
イメージ沸かないんだけど・・・早い話がお互い争ってる人間同士で同じ民族として取り扱われてるわけ?
まぁ、そう思っても間違いはないですね。
チベットという大きな枠組みを統合したのは、「吐蕃」というチベット人王朝以外では、中国王朝ですからね。
ふううん・・・そ~なのか
ル~ミアさん言葉が伝染してますよ。ご主人様
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スルーして・・お願い
はい・・・ご主人様の名誉のために、スルーします。
ありがとう
いえいえ・・ご主人様のためならば・・・・はぁはぁはぁ(鼻息荒く)
「はぁはぁはぁ」しないの!
で、次に問題なのが、
 "チベットは何か?という問題"を放置しているダライ政権や”チベット問題の論者”にも問題があるわけですよ
どういうこと?
政治問題というのは、言葉の問題で紛糾することが多いですよね?
具体的に事例をあげてみて
う~~ん・・・じゃ、もっとも顕著な事例で
「戦闘地域」「非戦闘地域」って区分けは重要な問題ですよね?
そ~ねぇ・・イラク派遣のときも問題になったしね。
そうです。戦闘の可能性が高い地域であっても、「非戦闘地域」と規定されたら困るわけですし、言葉を精査しないと問題が山積しちゃうもんですよ。
政治用語は可能なだけ厳密に定義できないと齟齬が頻発してしまうわけですよ
まぁ、チベットは何か?という問題が重要なのは分かるわ
はい。チベットについて基礎は次回でもやるのですが、そもそも不確定なものなんですよ。その不確定なものを一方的に議論なしで決めようとしている人がいる・・・・のが怖いんですよ。
しかもその人たちは、チベット人の声として、ほんの一部の声しか拾ってないわけですし、大勢が、「中国嫌悪」が前提にある人が多いので
可能なだけ議論で解決してほしいわね。
と、まぁ・・・・二回目は基礎ということで、”「チベット」とは何か?”という問題の前半をやったわけですが、どうですか?
いまいち・・・いまに・・・・かな?
厳しいご指摘で
そもそも、冥王星もよく分かってないって認めるわけだし、分からないのは仕方ないと思うわ
そういう意味での評価ならば、冥王星としては満足です。
で、整理してくれる?
今、整理しようと思った所で、ありがとうございます。
いえいえ・・進めて
・チベットという概念は不明瞭であること
・ダライ政権の指摘する「チベット」の愛念から既に疑問が残ること
・チベット人、チベットという地域からして、不明瞭な状態で政治問題を解決することに無理があること
・上記のような問題についての認知がないこと
つまり、チベット問題に関しては、チベットという言葉の定義の問題がある!
そういう理解でいいのね?
早く言えばそうです。細かく問題提起する部分は今後もありますが、この問題は重要です。その次に重要なのが、情報の信用性の問題です 。
ふうん・・よく分からないけど、まぁ、次回はどうするの?
予定では、チベットの歴史から、「チベットとは?」という問題について解説したいと思います。
解説というよりも、主観を述べているに過ぎませんけど
そもそも、冥王星はどういうスタンスなの?この問題では
基本的には、
チベット問題は政治的に介入することに国益がない
逆に介入の仕方によっては、国益を損じる問題になってしまう
こんなスタンスですね。まぁ、放置しろ、ということです。
ふうん・・・そこらも解説してくれるのよね?今後
その予定ではあります。
ねね・・・チルノの役回りがあったけど、どうしたの?まだ本論で出番ないみたいだけど・・・
香ばしい方々のブログを色々見てるんですが、あまりにも検証する以前の記事ばかりでいい素材がないので、困ってます。
つまり、反論、反証するほどの記事もないと?
平たく言えばそうなります・・・・・
それほど稚拙な展開ばかり、とも言えますが
言いたい放題ね・・・・
まぁ、このブログは閲覧者少ないので、暴言しても反論する人いないですから、気楽なんですよ。
もしかして、私を出汁にして、集客しようとか思ってない?
そんな考えはなくもないですけど、そんなに期待してません。
純粋にご主人様とやりたいだけですから・・・
あっそ・・・・で次回はいつの予定とか聞いちゃダメなの?
はい・・聞いて回答できるほど予定組めませんし
無責任ね
すいません
で、そろそろ”締め”
そうして頂くと有難いです。
また、あれやるの?
今回はこれで・・・(コソコソ)
・・・・・・・・・・・・
お願いします・・・・・(哀願)
仕方ないね・・
ありがとうございます
我不是中国
くれないみすず?
そ~なのかぁ・・
(無言)
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bismarks1976.blog92.fc2.com/tb.php/43-30f47e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA $nbsp;  メニューB

最新記事 ×

プロフィール ×

ヤン・フス

Author:ヤン・フス
画像は目標の人である「ヤン・フス」当人

歪められたチベットの実像を取り戻し
チベット仏教の宗教改革を求める変人


サブカルチャーな言葉 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

カレンダー ×
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

日本国憲法 ×

日本国憲法

present by 冥王星

世界人権宣言 ×

世界人権宣言

present by 冥王星



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。